無料電波調査 受付中!

大阪・神戸など関西エリアでアンテナ工事

電話番号0120-035-935

地デジのエラーコードの種類

カテゴリー「」の記事一覧
の記事一覧

地上デジタル放送を楽しんでいるとき、急に映らなくなってエラーコードが表示されるというのはよく聞くトラブルです。こういったエラーコードには様々な種類があり、どういったコードが出ているのかにもよって原因が異なります。こちらでは、そのエラーコードの種類と原因についてご紹介しています。

B-CASカードに関するエラーコード
E100

こちらは、B-CASカードが未挿入の状態です。B-CASカードはデジタル放送受信機を購入した際に同梱されていますので、確かめてみて下さい。

E101

こちらは、B-CASカードと本体の接触部分にゴミが付着している、正しい方向に挿入されていないなど、何らかの原因でICカードを読み取ることができない状態です。正しい装着方法を確かめて、もう一度挿入してみて下さい。

E102

こちらは、B-CASカードの破損やIC部の汚れなどにより、カードを使用できない状態にあります。正しく装着しても改善されない場合には、再発行をしましょう。

E103

契約されていない番組を選局した場合に、こちらが表示されます。視聴するには、ご覧のチャンネルのカスタマーセンターで契約をする必要があります。

地デジ受信機関係のエラーコード
E201

こちらは、天候などにより放送電波の受信レベルが下がってしまったときや、強風などでアンテナの向きが変わってしまったときなど、外的要因で受信環境が変わってしまったときに表示されます。アンテナの向きが傾いていないか確認しましょう。

E202

こちらは、放送電波が送出されていないチャンネルを受信したときや、アンテナ線の接続に不具合が発生した場合などに表示されます。アンテナ線が正しく接続されているか、アンテナの調整が正しくできているか確認する必要があります。

E203

こちらは、選局したチャンネルでの放送が休止中または、放送時間が終了しているときに表示されます。

E301

こちらは、データの通信に失敗したときに表示されます。電話線の接続やLANの接続を確認してから、メニューの通信設定を確認しましょう。

まずはお気軽にご相談ください!
電話番号0120035935
受付時間 10:00~17:00
お問い合わせフォーム
なんでもお気軽にお問合せください!
お役立ち豆知識
予約状況カレンダー

2018年10月の受付状況

 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

2018年11月の受付状況

    1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 

工事対象エリア

工事対象エリア
兵庫・大阪・京都・奈良を中心に工事を承ります
その他の地域については出張料がかかりますが、現地にてお見積りさせていただきます。
テレビアンテナ工事以外の事でもお気軽にお問い合わせくださいませ。
対象のエリアの詳細はこちら
お問い合わせフォーム