無料電波調査 受付中!

大阪・神戸など関西エリアでアンテナ工事

電話番号0120-035-935

電波受信には欠かせないアンテナ

カテゴリー「」の記事一覧
の記事一覧

テレビを見るにはアンテナでテレビ局から発信された電波を受信する必要があります。その受信した電波の情報を得ることで、映像や音声などを入手することができます。しかし、アンテナの受信が上手くいかないと、鮮明な映像・質のいい音声は出ません。アンテナ工事は技術力の高い業者へ依頼することをおすすめいたします。

電波が受信される仕組み

プラスとマイナスの電圧が波のように繰り返されることで、電波は送信されています。また、AM方式やFM方式などに変調されて、情報は電波に乗っかってきます。この情報は、搬送波の振幅や周波数で細かく伝えられており、電波に乗せられた情報は高周波信号の波の山部分を受信することで、送信された情報を映像や音声に復元することができます。

アンテナの種類

テレビの受信に使用されるアンテナには、おもに「八木アンテナ」と「パラボラアンテナ」があります。こちらでは、それぞれの特徴についてご紹介いたします。

八木アンテナ

八木アンテナは正式名称「八木・宇田アンテナ」と言います。1926年に日本人の八木教授と講師の宇田氏によって開発されたことで、この名称がつきました。構造がシンプルで高性能という特徴を持っているので、世界中で使用されているアンテナです。八木アンテナは導波器、放射器、反射器から構成されており、導波器の本数が多いほどより多くの電波を集めることができます。

パラボラアンテナ

パラボラアンテナは丸いお椀のような形をしており、BS放送やCS放送などで用いられるアンテナです。

八木アンテナなど通常のアンテナは、電波の波長1/2の長さに設定されていますが、BSやCSの波長はマイクロ波やミリ波といった1/2の長さよりも短いものとなっています。その短い波長を捉えるためには、お椀のような作りが必要だったのです。電波を能率よく受信することができ、妨害を受けにくいという特徴を持っています。

まずはお気軽にご相談ください!
電話番号0120035935
受付時間 10:00~17:00
お問い合わせフォーム
なんでもお気軽にお問合せください!
お役立ち豆知識
予約状況カレンダー

2018年08月の受付状況

   1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 

2018年09月の受付状況

      1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
      

工事対象エリア

工事対象エリア
兵庫・大阪・京都・奈良を中心に工事を承ります
その他の地域については出張料がかかりますが、現地にてお見積りさせていただきます。
テレビアンテナ工事以外の事でもお気軽にお問い合わせくださいませ。
対象のエリアの詳細はこちら
お問い合わせフォーム