無料電波調査 受付中!

大阪・神戸など関西エリアでアンテナ工事

電話番号0120-035-935

地デジ放送を視聴するために必要なもの

カテゴリー「」の記事一覧
の記事一覧

自宅で地デジ放送を見るなら、地デジアンテナ工事が必要になります。しかし、地デジアンテナ工事をしただけでは地デジ放送を見ることはできません。アンテナ以外にも必要なものがあるのです。

地デジ対応テレビ

現在アナログテレビを使っている方は、そのままでは地デジ放送を見ることはできません。地デジ放送を見るのであれば、地デジ対応テレビを購入する必要があります。地デジ対応テレビは、高画質・高音質を可能にする性能の高さだけではなく、他にも魅力的な機能がたくさんあります。そんな地デジ対応テレビには、プラズマテレビと液晶テレビがあるのですが、どれを選べばいいのかお困りの方もいらっしゃるでしょう。混同されがちな2つのテレビですが、それぞれ特徴があります。

プラズマテレビは、性能が高くコスト的にもお得というメリットがあります。テレビのサイズが大きくなるほど、同型の液晶テレビよりもコストがお得になるのです。しかし、液晶テレビと比べて消費電力が約2倍というデメリットもあります。

一方で液晶テレビは、消費電力が非常に低く、サイズも幅広く用意されているのでお部屋の大きさに合わせたテレビが選べるというメリットがあります。しかし、液晶テレビはサイズが大きくなるにつれて黒浮きが目立ち、暗い場所では見づらくなる傾向にあるので注意して下さい。

地デジチューナー

今お使いのアナログテレビで地デジ放送を見る場合には、地デジチューナーが必要になります。お持ちのテレビに繋げて、アンテナ線をテレビからチューナーに付け替えるだけなのでとても気軽でしょう。そんな地デジチューナー、または地デジ対応テレビを購入した際には、B-CASカードが必要になります。

B-CASカードは、著作権保護の観点から導入されたものです。地デジ放送では、番組の著作権保護のために一回だけ録画可能というコピー制御信号を加え、放送電波が暗号化されました。このカードを挿入して暗号を解除しないと、地デジ放送を視聴することも録画することもできません。
こちらのカードは、地デジチューナーや地デジ対応テレビを購入した際に同封されています。

まずはお気軽にご相談ください!
電話番号0120035935
受付時間 10:00~17:00
お問い合わせフォーム
なんでもお気軽にお問合せください!
お役立ち豆知識
予約状況カレンダー

2018年01月の受付状況

 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

2018年02月の受付状況

    1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

工事対象エリア

工事対象エリア
兵庫・大阪・京都・奈良を中心に工事を承ります
その他の地域については出張料がかかりますが、現地にてお見積りさせていただきます。
テレビアンテナ工事以外の事でもお気軽にお問い合わせくださいませ。
対象のエリアの詳細はこちら
お問い合わせフォーム